冬場は大人にきびができやすい?!

大人なら、誰でも1回はニキビができたことがあるかと思います。女性によくあるのが、にきびができると、楽しみにしてい外出ほど億劫になってしまうこともあり、人の心までも左右させる厄介なモノです・・。まだまだ寒い今日この頃なので、あまり外に出たくなくなりますが、冬場も「 イルミネーション 」「 スノーボード 」など、結構外出するイベントがあります。冬場はジメジメしてカビっぽい夏場よりも、乾燥しているのでニキビとは一見関係が無いように思えますが、実は、夏場よりも冬場の方が、にきびができやすいのです。それはニキビができる原因のひとつに、 " 乾燥 " があるからです。乾燥する冬場は、体調管理が難しく、インフルエンザや胃腸風がはやるように、空気が乾燥すると、肌の免疫力や、肌機能も低下してしまい、にきびができやすい環境となってしまうのです。日本の夏は、ジメジメして湿度が高いので、根本的ににきびができやすい環境ではありません。冬場は、もともと乾燥している空気に加え、ファンヒーターやエアコンを使用することで、さらに空気が乾燥してしまいます。冬場は、普段使っている化粧品よりも高保湿のものをつかって乾燥を防ぎます。化粧水や乳液のあとの美容液をつけて10分ごに肌を触っても、しっとりしていることが目安です。冬場は加湿器などで部屋の湿度を上げるなどして、乾燥対策もしましょう。