大人ニキビの間違ったケア

大人になってからできるニキビは思春期ニキビのできるところや原因が違うもの。思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が主な原因なので、たくさん脂取り紙を使ったり、ゴシゴシ洗顔していた方も多いでしょう。そこで、20歳を過ぎたあたりからじわじわと大人ニキビにいこうしてきますが、思春期のニキビケアをずっと行っていると、ニキビは治るどころかどんどん悪化して行きます。大人ニキビを悪化させる原因は、肌の「 乾燥 」だからです。大人になると、肌のターンオーバーが安定して行きますが、適度な皮脂がなければきちんと行われません。皮脂は、ニキビを作らせる悪者に思われがちですが、それは誤解です。過剰な皮脂は、黒ずみの原因になりますが、皮脂の取り過ぎも、ニキビをつくらせたり、できてしまったニキビを悪化させることになるのです適度な皮脂は、毛穴が外敵からの防ぐための役割や、水分を保持する肌になくてはならないものなのです。乾燥を防ぎ、保湿することで、ニキビができたとしても、痕が残らず早くきれいに治す効果があります。もし、今やっているスキンケアが、10代の頃と変わっていなかったら「 保湿 」を重点にした、スキンケアができているかどうか、一度見直してみると良いでしょう。