大人にきびをスキンケアで治す

大人にきびというのは、20歳ごろからできるニキビのことをいいます。10代のときにできる思春期にきびとは、できる原因が違い、さまざまな要因があるとされています。しかし、どんな要因であっても、大人にきびを治すのに、大きな決め手となるのが、" 保湿 " です。保湿なしには、どんなにきびも治らないのです。思春期にきびの原因に皮脂の過剰分泌があげられることから、大人にきびに移行してからも、皮脂を抑えたり、取り除いたりする思春期にきびと同じようなケアをしていては、一向に治りません。大人の肌にとって、いい環境は適度な皮脂と水分があることです。ニキビができたら、洗顔でゴシゴシ皮脂を洗い、さっぱりした化粧水をつけ、乳液や美容液はべたつくのでNG×!!と思われがちですが、それはまったく逆です!!洗顔の時には、洗顔ネットできめ細かい泡をつくり、なるべく摩擦をさけて優しく洗い、しっとりした化粧水をつけ、乳液や美容液もつけましょう。洗顔後の化粧水や美容液は、できれば、すべて同じメーカーの、同じ種類のものを使うことがお勧めです。成分がバラバラのものをつかうと、水分や脂分のバランスが異なり、大人ニキビがケアできないことや悪化が考えられます。同じメーカーの同じ種類のものなら一貫したスキンケアで成分配合されているのでおススメです。

<参考>
《最新版》ニキビケアおすすめランキング
大人ニキビの原因|プロアクティブ【公式】

大人にきびの意外な原因とは

20歳を超えてからできるにきびは、大人にきびと呼ばれており、いわゆる10代の頃にできる" 思春期にきび " とは、できる原因が違うので、別物といってもいいでしょう。思春期にきびは、成長ホルモン分泌による皮脂の過剰分泌によるものに対して、大人にきびはストレスや、ホルモンバランス、偏った食生活、生活習慣の乱れ、乾燥、間違ったスキンケア・・など原因はさまざま。。原因となるものが、多岐にわたるので、複数の原因が結びついて大人にきびができていることもあり、なかなか治すことができないのが特徴です。そのなかでも、意外にやってしまっているのに、気づきにくい原因というのに、「 ヘアスタイル 」があります。それは、髪の毛についている、汚れが肌につくことによって、ニキビができてしまうのです。。髪の毛には、埃などの目に見えないさまざまな汚れがついています。小顔に見えるからといって、顔を覆うようなヘアスタイルだと、顔にたくさん汚れがついて、ニキビができてしまいます。ニキビができにくくするためには、顔にかかるのを防ぐことです。ヘアゴムやピンなどで髪をまとめたり、落ちてこないようにしましょう。ボブスタイルなどのまとめにくいヘアスタイルの場合は、ハーフアップがおススメです。また、シャンプーやリンスがしっかり流しきれていないと、その成分がはだにつくことによって、ニキビを作らせる原因になることもあります。

大人にきびには、体のちょっとした不調などでもできてしまう、デリケートなものです。

そして、大人にきびに悩まされている人の多くは自分に合う化粧品を見つけられていません。。それは、一般的に、薬局で売られている" ニキビ化粧品 "というのは、ニキビの原因を絞って作られたものが多いので、すべてのニキビ肌に対応できていないのです。また、いかにも" ニキビ予防! ”などの謳い文句が書かれているパッケージのほとんどが、大人にきびを予防するものではなく、皮脂の過剰分泌による思春期にきびに予防するものですが、明確にわかりにくいので、ニキビという文字だけで購入し、さらにニキビを悪化させてしまう方もおおいのです。実は、大人にきびの原因は、「 乾燥 」によってできるものがほとんどで、薬局に売られているにきび化粧品の多くは皮脂を抑えて、さっぱりさせるタイプのものが多いのです。思春期にきびならいいかもしれませんが、大人にきびは「 保湿 」することが大事なので、そのような安価で" 薬用 " とか、" ニキビ予防 " などとかかれているタイプの化粧品はすぐに使うのを控えたほうが好いでしょう。そして、大人にきびにいいものがわからないときは、 「 高保湿 」 「 高浸透力 」 「 美白ケア 」の成分がはいっているものがおススメです。薬局でもこれらの謳い文句の商品は見かけますが、効果が高保湿だけのもの。高浸透力だけのもの。美白ケアだけのもの。・・というように、3拍子そろっているものがなかなかありません。いくら高保湿でも、肌に入っていかなければ、意味がありません。大人ニキビの肌ケアには、「 NOV 」がおススメです。3拍子そろった効果があり、1,000円でトライアルできます。

顔汗を止めるにはどうすれば良いのか?

更新履歴